▼カテゴリーを選ぶ

▼月を選択

間取りについて~コミュニケーションの取りやすい間取りとは?~

お知らせ ブログ 営業部 武田

こんにちは、武田です。

引き続き、見学会でぜひ見ていただきたいところについて、お話しします。

今回は、間取りについてです。

セイコーハウジングでは、「コミュニケーションの取りやすい間取り」をおすすめしています。

モデルハウスでは、キッチンの横に、書斎にも使えるような多目的スペースを作っています。

お子さんがそこで勉強しながら、キッチンにいるお母さんと会話をして、自然にコミュニケーションを取ることができます。

このように、「子どもとの関係を近くするような空間を作ること」が大切だと考えています。

 

▢子どもが成長すると自室にこもってしまう

子どもが小さい時は、リビングで一緒にテレビを見たりゲームをしたり、といった生活だと思います。

ただ、子どもは成長するとリビングを離れ、自分の部屋に行くようになります。

コミュニケーションが取れない時間も増えてしまうのです。

そこで、キッチンやリビングの近くにフリースペースを作り、会話のできる空間にしておきます。

モデルハウスでは、スキップフロアをボルダリングで遊べる場所にしています。

この場所で遊ぶ、話をする。そうすると、成長した子どもたちも習慣で集まってくるかもしれません。

 

▢家族の食卓はコミュニケーションの場

さらに、家族がコミュニケーションを取るうえで、基本になるのは食卓だと思っています。

子どもが結婚して家を出ても、帰省した時に集まるのはやはり食卓になりますね。

「家族が集まって一緒にご飯を食べる空間」は、とても大切なものです。

ご飯を食べる場所は、いくつかあってもよいのではないでしょうか。

例えば、キッチンの前や横に食卓を置き、さらにカウンターでも簡単に食べられるようにするなど。

いろいろなパターンがあると、コミュニケーションの幅も広がります。

なかなか目に見えない部分ではあるのですが、ご自分が暮らしたときに、その間取りの中でどういう生活ができるか、そういったところもぜひ見ていただきたいと思っています。

セイコーハウジングでは、「家族が育つ家」をつくっています。

お気軽にご連絡ください。

セイコーハウジング TEL.088-631-8236

☆予約制完成見学会「2階リビングの眉山の見える家」は8月24日開催です。☆

詳しくはこちら

☆関連ブログ☆

広さについて「動きやすさを確かめる」

 

▼カテゴリーを選ぶ

▼月を選択