▼カテゴリーを選ぶ

▼月を選択

知っておきたい、健康に暮らせる「断熱性能基準」とは?

お知らせ パッシブデザイン ブログ 住宅設備 地域 気密・断熱 社長 元木

こんにちは、元木です。

「断熱性能が高く、温かいし「省エネ住宅」は、住まい手の健康づくりにつながります!」

と現在の日本推奨されている建築基準の「省エネルギー基準」をクリアしているけど、

家が寒いのはなぜ?というお話を前回ご紹介しました。

新築なのに、実家よりも寒いのはなぜ!?

 

 

この「省エネ基準」は、法的に義務化されておらず努力義務どまりです。
さらにこの基準は20年前に考えられたもので内容はほぼ変わっていない!という現状なのですが、

では「あたたかい家に住みたい!」「断熱性能が優れた家を建てたい!という時には
何を基準に考えれば良いのでしょうか‥。

 

どんな基準があるのか確認しましょう!

 

日本列島は、北海道から沖縄まで南北に細長く位置し、地域によって四季の違いや気温が大きく違います。そこで地域の特徴を基準に反映するために、全国を1~8の8つの区域に分けて各地区に適した省エネ基準が設けられています。

 

 

 

上の図で示される数値は、Ua値(ユーエー値)といいます。

 

Ua値とは?

分かりやすく説明すると、床、外壁、屋根(天井)や開口部などを通過して外部へ逃げる熱量を外皮全体で平均した値です。数値が少ないほど、逃げていく熱量がひくく、断熱性能が優れた家となります。このUa値が断熱レベルの、目安になります。

「Ua値の数値が少ない=断熱性能が高い!」と覚えてください。

 

お住いの住まいが、どの地域区分にあてはまり、またその地域の基準の数値を確認してみてください。

 

徳島県はというと「6地域」に区分されています(一部5地域もあります)。

「6地域」の断熱基準の数値を見ると…

◇ 省エネ基準…Ua値 0.87

◇ ZEH…Ua値0.60

◇ HEAT20 G1…0.56

◇ HEAT20 G2…0.46

このような数値となっています。
しかし、省エネ基準は20年前の基準からほぼかわっていないため…省エネ基準は確実に上回るUa値となるようにしたいものです。

これから新築される方も、現在建築途中の方も、
自分が暮らす我が家の「Ua値」がどのくらいの数値になっているのか、ぜひ確認してみてください。

 

省エネ基準、ZEHを超える「HEAT20」とは?

 先ほどの図で、断熱の基準値が一番小さい値を示す「HEAT20」とは何か?を少しご紹介しておきますね。

まず、その前に「ZEH(ゼッチ)」についてご紹介します。

ZEH(ゼッチ)住宅とは?

 

簡単に言うと省エネ住宅のことで、住まいの断熱性能や省エネ性能を向上し、太陽光発電などで生活に必要なエネルギーをつくり出すことで、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)をおおむねゼロ以下にする住宅のことです。国は2020年までに標準的な新築住宅をZEHに、2030年までに新築住宅の平均がZEHになることを目指しています。

ZEHは光熱費を抑えられ、補助金がもらえるなどお得な面があります

 

●経済産業省資源エネルギー庁
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に関する情報公開について
https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/general/housing/index03.html

 

HEAT20とは?

「HEAT20」は、地球温暖化とエネルギー、そしてより快適に健康な住まいを日本に広めていこうと2009年に研究者、住宅・建材生産者団体の有志によって発足した団体で、「2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会」の略称(呼称)です。

「快適に暮らすためには、このくらいの断熱レベルを確保しましょう!」という基準を、Ua値(外皮平均熱貫流率)として数値化して、断熱性の基準値のグレードを「G1」「G2」「G3」で分けています。

HEAT20は、先ほどの図からもわかるように、国の定める基準、H28年省エネ基準やZEH基準よりも厳しい数値設定がされていますので、「どうやって住宅の断熱性能を判断すればいいのかわからない」という時には、ぜひ参考にしてほしいと思います。

 

●一般社団法人 20年先を見据えた日本の高断熱住宅研究会「HEAT20」
http://www.heat20.jp/

 

どこまで断熱性能を求めればいいか?

よくご相談を受けるのが、どの程度まで断熱性能を求めれば良いか…ということです。

 

「生活の快適さを確実に感じ、より健康的に暮らせる住まい」として最低でも
「HEAT20」のG1グレードは満たし、G1~G2グレードレベルとなる家をセイコーハウジングではご提案しています。
(G3グレードは徳島の気候を考えると、そこまでは必要ないかな…と思っています)

 

 

<ご予約受付中>オンラインでお家づくり 

 

自宅にいながら新しいお家づくりの相談ができる、<オンラインでお家づくり>を実施しています。
住まい見学会・オンライン相談は⇒<オンラインでお家づくり>からお申込ください。

 

 

住まいに関する気になる事、お困りのことなど何でもお気軽にご相談ください。
ご予約お待ちしております。

 

株式会社セイコーハウジング
〒770-0006 徳島県徳島市北矢三町3丁目1-79
Tel. 088-631-8236 Fax. 088-631-8698
https://www.seikohousing.co.jp/

 

▼カテゴリーを選ぶ

▼月を選択