▼カテゴリーを選ぶ

▼月を選択

無垢フローリングとシートフローリングの特徴

インテリア お知らせ ブログ 住宅設備 営業部 藤本 最新情報 自然素材

 

さて、今回はお部屋の床材について、ご紹介したいと思います。

フローリングの種類

最近では、一人暮らしの賃貸からファミリーの一軒家まで、

お部屋の床はフローリングが主流となってきました。

ほっこりできる畳も魅力的ですが、今回はフローリングについてご紹介します。

 

「フローリング」と言っても、様々な種類があります。

 

ザックリと分けると、

『無垢材のフローリング』『複合フローリング』に分かれます。

『シートフローリング』は、

複合フローリングに分類するもので、合板などの基材の表面に、

化粧シート(フィルムなどのシートに木目柄や石目柄を印刷したもの)を

貼り合わせたものです。

簡単に言えば、木目をシートに印刷して板に貼っているというイメージです。

印刷技術や性能が良くなり、

シートとは言え本物の木材と見分けがつかないほど良くなっています。

 

 最近主流のシートローリングとは?

シートフローリングとは、

フローリングの表面にプリント素材を貼り付けたフローリングのことです。

特徴はコチラです。

 

・デザインが豊富

・印刷して作るので、品質や仕上がりが均一

・傷が付きにくいタイプのものが多い

・プリント素材のため、お手頃価格

・お手入れが簡単(ワックスがけ不要)

 

無垢フローリングとは?

無垢フローリングとは、

無垢の木材で作られたフローリング(床材)のことで、

木の持つ風合いや表情、特徴を活かすことができます。

無垢フローリングの魅力&特徴

・優しい雰囲気

・木の本来の香りに癒される

・調湿作用が優れている(温度や湿度をコントロールしてくれます)

・経年変化で風合いに味、艶がでてくる

・裸足で歩くと気持ちがいい

・膨張と収縮を繰り返すので場合によっては、反りや割れなどが生じることもある

・お手入れが必要

 

メリットもたくさんありますが、

無垢フローリングは、お手入れがかかせません。

無垢材に必要不可欠なお手入れ方法については、次回ご紹介しますね!

 

 

無垢フローリング例

ヒノキ(桧)フローリング

・強度や耐久性に優れている

・独特の香りがある

・日本を代表する高級材、高価

 

スギ(杉)フローリング                     

・軟らかい

・肌触りがとても良い

・桧に比べると安価

・加工しやすい

 

カラマツ(唐松)フローリング

・美しい黄金色で高級感がある

・反り、ねじれが少ない

・比較的安価

 

当社で標準採用しています!

実物を見てみたい!という方は

見学会や住まい手訪問にご参加下さい♪

 

*また、私が以前に書いた記事で

こうした無垢の床の家に合う木の小物なども参考にしてみて下さい。

http://wp.me/p7BmPk-3i2

 

 

 

▼カテゴリーを選ぶ

▼月を選択