▼カテゴリーを選ぶ

▼月を選択

住宅の省エネと説明義務制度スタート

お知らせ ブログ 気密・断熱 社長 元木 耐震

こんにちは、元木です。

今、新しく住宅を建築中また新築したばかり!というみなさん、
これから何十年も暮らしていく「我が家の性能」について、どこまで知っていますか?

今日は、この4月1日から新しく導入された省エネ説明義務制度ついてご紹介します。

省エネ説明義務化制度とは?

「新しく導入された、省エネ説明義務化制度とは?」

2021年の4月1日kから、300㎡(約90坪)以下の原則全ての住宅と非住宅(小規模住宅や店舗も含む)で、
建築士が建築主に以下の2つを、書面で説明をすることが義務として法律で定められました。

①省エネ基準への適否
②省エネ基準に適合しない場合は、省エネ性能確保のための措置方法

 

「どうして、説明が義務化されたのか?」というと、
建築士が、建築物について省エネ計算を実施して、施主様へ説明をすることで、省エネ住宅に対する知識やメリットがわかりやすくなり、省エネに対する意識が高まることが期待されているからです

エネルギーを最小限に、またCO2排出を抑えた省エネ家電のように
私たちが生活をする住宅そのものに、環境に配慮した省エネルギー化が求められているのが現状です。

 

◎誰が=建築士
◎誰に=施主様
◎何を=省エネ基準を満たしているかどうか(満たしていない場合には対応策)
◎どうやって=書面交付

省エネ性も耐震性と同様に住宅の大事な性能です。
毎日暮らす住まいが「どんな性能を持ち合わせた家なのか」ぜひご確認ください。

 

 

 

 

省エネ住宅とはどんな家?

ところで、「省エネ住宅」ってなに?という方にオススメのパンフレットをご紹介します。
漫画やイラストでとても分かりやすいので、ぜひご覧いただきたいと思います。

 

「ご注文は省エネ住宅ですか?」
4月1日よりスタートした「省エネ説明義務化」について漫画でわかりやすく解説されています。

 

「省エネ住宅」と「健康」の関係をご存知ですか?
セイコーハウジングでも「健康」に暮らせる住まい!はとても大切だと思っています。
省エネ住宅はカラダにいい!どんな影響があるのか、ぜひご覧ください。

 

◎なるほど!快適・安心なすまい 省エネ住宅

芝浦工業大学 秋元 孝之教授に監修、国土交通省・経済産業省・環境省の協賛の
「なるほど 省エネ住宅 快適・安心な住まい 」の電子ブックです。

 

ホームズ君の絵でみるわが家の断熱診断書

セイコーハウジングでは、以前よりどんな住まいが完成するのか、
施主様に「絵でみるわが家の断熱診断書」をお渡しして、わかりやすく説明することを心掛けてきました。


断熱レベルの基準となるUa値、熱損失量、年間暖冷房費がどのくらい安くなるのか、室温の変化(各部屋の時間ごとの温度推移をシュミレーション)などを図とイラスト、そして測定数字を出して入れ込んでいます。
この図からもセイコーハウジングが建てる家は、【Ua値=0.53】
つまり、HEAT20 G1~G2レベルとなっています。

断熱については、<知っておきたい、健康に暮らせる「断熱性能基準」とは?>をご覧ください。

 

<ご予約受付中>オンラインでお家づくり 

 

自宅にいながら新しいお家づくりの相談ができる、<オンラインでお家づくり>を実施しています。
住まい見学会・オンライン相談は⇒<オンラインでお家づくり>からお申込ください。

 

 

住まいに関する気になる事、お困りのことなど何でもお気軽にご相談ください。
ご予約お待ちしております。

 

株式会社セイコーハウジング
〒770-0006 徳島県徳島市北矢三町3丁目1-79
Tel. 088-631-8236 Fax. 088-631-8698
https://www.seikohousing.co.jp/

 

▼カテゴリーを選ぶ

▼月を選択