▼カテゴリーを選ぶ

▼月を選択

60歳から新築&リフォーム  シニア向け住宅ローン≪リバース60≫

その他 ブログ 営業部 藤本 最新情報

 

今日は60歳を過ぎても、新築&リフォームをあきらめない!

新しく登場した、シニア向け住宅ローンをご紹介します。

リバース60とは?

退職を機に、若い時に購入した住宅をリフォームしたい、

子どもや孫と一緒に住む2世帯住宅を建てたい

今までは転勤族で全国各地を飛びまわり、賃貸暮らしだったけれど、

老後は地元でゆっくりと快適に暮らせるバリアフリーの平屋で暮らしたい

と希望される方が増えてきました。

 

今までは、60歳を過ぎて住宅を建てる場合は、

自己資金でやりくりしなければなりませんでした。

それは、60歳を超えてローンを組むことが難しかったためです。

 

そのため、希望通りではなく、リフォーム規模を縮小したり、

限られた予算に合わせてプランを考えることしかできませんでした。

 

そんな中、住宅支援機構(旧住宅金融公庫)より新しく登場したのが、

60歳以上の方のための、

住宅融資保険を活用したリバースモーゲージ型住宅ローン

それがリ・バース60≫です。

詳しくは、こちらをご覧ください。

Https://www.jhf.go.jp/loan/yushi/info/yushihoken_revmo/index.html

 

リバース60の特徴は?

この商品の特徴、一般的な住宅ローンと違うところは、

毎月の支払いが「利息分のみ」で、元金分は払わないという点です。

生前は利息のみを支払うので、ローンの返済金額が少なく、

退職後の年金生活を圧迫することが少なくてすむというメリットがあります。

 

元金は?というと、借りた方が亡くなった時に担保としていた住宅や敷地を売却することで、

一括返済することになります。

 

また、【リ・バース60】には、リコース型とノンリコース型があり、

ノンリコース型の場合は、債務者の死亡時に物件処分による返済を行なった後は、

相続人に対して残債務を請求しないことになっています。

このローンの背景には60歳以上の人口の割合が増えてきていることや

土地の価格の下落が落ち着いてきていることなどでしょうか。

 

まとめ

第二の人生にむかって、これから家を考える60代の方は、

少しでも負担が少ない、良い方法を選んでいただきたいと思います。

 

【リ・バース60】を活用した住宅ローンは、

現在、全国の30以上の金融機関で取り扱われているので、窓口で詳しく相談してみてください。

 

もちろん、セイコーハウジングでも、

ローンについて、またその他様々な商品についてご紹介できますので、

気になることは、お気軽にご相談ください。

▼カテゴリーを選ぶ

▼月を選択