▼カテゴリーを選ぶ

▼月を選択

新モデルハウス「家族が育つ家」徹底解剖④外観について

お手入れ パッシブデザイン ブログ 住まいのアイディア 住宅設備 外構・エクステリア 社長 元木 自然素材

こんにちは、元木です。

今日は、当社のモデルハウス徹底解剖の続編「外観」についてご紹介します。

*************************************************************************
~モデルハウスのコンセプト~

「健康な暮らしと家族が育つ家」

住むことが「からだ」にいい家。住むことが「こころ」にいい家。

家族の健康と家族の未来が想像できる、そんな家をご提案しています。

 

<紹介記事>

新モデルハウス「家族が育つ家」徹底解剖 ①家族の絆が強くなる間取り

新モデルハウス「家族が育つ家」徹底解剖 ②キッチン

新モデルハウス「家族が育つ家」徹底解剖 ③こだわり満載の畳コーナー

**********************************************************************

外観の3つのポイント

〇流行りにとらわれない、落ち着きのあるたたずまい

〇耐久性とメンテナンスのしやすさ

〇自然との調和

いつの時代にも、凛とした落ち着きのあるたたずまいを実現しました。
30代、40代、50代、60代、70代…と施工主のみなさんと同じように、家も年月を重ねていきます。
流行りにはとらわれず、いつの時代にも趣のある落ち着いた雰囲気でマッチできることを重視しています。

 

モデルハウスの外壁仕上げは「不燃パネル吹き付け仕上げ」と「板張り」を組み合わせた、
モダンで美しい和の佇まいを演出しています。

外観写真にある色の濃い部分は、無機質の石を砕いて混ぜ込んだ陶磁器細粒と天然石を
骨材とした上塗材を吹き付けています。この絶妙な奥深い色合いは、骨材の色そのものです。

 

実は30年前に、同じ様な上塗材を吹き付けて仕上げられた住宅があるのですが、
今も変わらず、色褪せもなく美しい状態を保ち続けているのを見て「これは良い!」と
今回のモデルハウスに取り入れてみました。

 

 

今回のモデルハウスの外壁には縦張りの不燃パネルを使用して、継ぎ目を極力減らしています。
継ぎ目がないということは、目地コーキングなどの補修もメンテナンスも不要になります。

 

 

そして、板張りには「レッドシダー」を使用しています。

レッドシダーは針葉樹の中でも最も高い耐久性があるといわれています。

高い耐久性・腐食に強い特性を持ち合わせ、含水率の高い状態でも腐りにくく、
防腐・防虫効果の高いフェノールが多く含まれているのも特徴です。

 

木が持つ柔らかな雰囲気は、家に温かみをプラスしてくれます。

住む人も、訪れる人もあたたかく迎え、心地よさが広がります。

 

この、板張りの高さは、大人が手を伸ばせば届く程度までにしています。

これは、塗装のしやすさを考えてのことです。

やはり「木」ですので、こまめな塗装が必要にはなりますが、
手が届く範囲であればDIYの一環ですることが可能です。
家族みんなで家のお手入れをすることで、
我が家への愛着がより一層強くなるのではないでしょうか。

 

外観回りの工夫ポイント

 

屋根のある、自転車置き場

外観写真の左部分は、屋根のある自転車置き場を設けています。

屋根があることで、天候を気にせずに利用できます。

 

 

外部収納

玄関アプローチに、収納スペースを設けています。

例えば、アウトドアグッズやカー用品、ガーデニンググッズ、
夏場のプール用品やボールなど子どもたちの遊び道具も収納することが可能です。

また、もしもの時に備えて、非常食や水、防災グッズを保管しておくのもオススメです。
家の外にしっかり収納できるスペースを確保しておくと、何かと便利です。

 

  

 

フトンバー

最近では、2Fにベランダを設けない場合が増えてきています。
理由は洗濯物の干す場所は1F、もしくは屋内というパターンが増え、洗濯物を干す以外に
ベランダを使用することがないというわけです。
しかし、その場合でも寝室は2Fに設けることがほとんどですので、
サッと布団や毛布などを干せるように、フトンバーを設置しています。

 

自然と調和するエクステリア

シンボルツリーがある家は、風格が増します。

 

<シンボルツリーに使用した樹木>

●アオダモ(背の高い樹木の左側/玄関入口)

●イヌシデ(背の高い樹木の右側/レッドシダーの板張り外壁前)

2つとも落葉樹です。

夏には木陰を作り、家の外からの視線をゆるやかに遮り、プライバシーを守る役目も果たしてくれます。駐車場スペースを一面コンクリートで埋め尽くしてしまっては、日射による照り返家にもその熱さが影響してしまうので、ブロックやレンガ、芝生をうまく利用しながら駐車スペースに必要な強度を備えながら、自然に馴染むようにしています。

 

 

外壁については、コチラの記事もご覧ください。

連載<モデルハウス建築レポート vol.⑤> 玄関活用編

 

 

モデルハウス見学受付中

モデルハウス見学希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

当社スタッフがご案内いたします。

株式会社セイコーハウジング TEL088-631-8236

 

モデルハウスについては、こちらもご覧ください。

 

モデルハウス~家族が育つ家~

 

 

 

 

 

 

 

▼カテゴリーを選ぶ

▼月を選択