▼カテゴリーを選ぶ

▼月を選択

必見!<住まい教室レポート>OMソーラーの家ってどんな家?

OMX OMソーラー パッシブデザイン ブログ 住まいのアイディア 夏のくらし 子育て 気密・断熱 社長 元木 自然素材

こんにちは元木です。

今日は8月にオンラインで開催した『住まい教室』の様子をレポートします。
今回のテーマは「OMソーラーユーザーさんに夏の住まい心地を伺う」として、OMソーラーユーザーのB様に、実際にOMソーラーを体感してみての感想や現在の状況についてお話していただきました!

 

住まい教室レポート

以前の住まいはどんな感じ?

元木:OMの家に住む以前は、どんな住まいでしたか?

OMユーザーB様:木造2LDKのアパートに住んでいました。アパートなので、窓が南北にしかなくて、風は入ってこないし、子どもたちが小さかったのもあって、エアコンをずっとつけている毎日でした。電気代も月1万円を超えていましたね…。

 

元木:冬場はどうでしたか?

OMユーザーB様:冬はとにかく窓の結露がすごくて困っていました。結露防止シートを貼ってみたり、毎朝窓を拭いても拭いても結露は出るし、カビは出るしで、それが悩みでした。

 

元木:私も鉄筋コンクリートのマンションに住んでいたことがありますが、壁にまで結露がでる状態で驚いたことがあります。

 

気になる!OMソーラーの住み心地!

では、現在のお住まいについて、お伺いしたいと思います!

簡単にB様のお家をご紹介すると、OMソーラー・太陽光発電(3kw)・外張り断熱・パッシブデザインを取り入れた、高性能省エネ住宅の「ゼロエネルギー仕様」のお家に住まれています。

 

元木:夏場の住み心地やエアコンの利用状況はどんな感じですか?

OMユーザーB様:OMソーラーがある家に住んで6年目を迎えますが、とても快適です。

1Fリビングにあるエアコンは、子どもたちが学校から帰ってくる頃(14時~15時)に合わせてつけますが、午前中はつけたことがないです。この夏も暑い日が続きましたが、うまく日射を遮るように庇があったり、カーテンを利用して太陽の熱が入らないようにすると、部屋は涼しいままなんです!

 

元木:寝る時はエアコンはつけていますか?

OMユーザーB様:2Fの子ども部屋で、子どもたちが寝ていますが、エアコンをつけても部屋が涼しくなると消しちゃいます。
しかも、エアコンの設定温度は29℃なんです!29℃でも充分涼しくなりますよ。27℃にすると、子どもたちが寒い…というくらいです。

 

元木:設定温度29℃には驚きです。29℃でのエアコ利用は環境にも電気代にも、エコですね! B様のお家は、1Fのリビングの広さが約22畳ほどありますが、10畳用のエアコンを設置されています。断熱性能に優れているので、10畳用のエアコンでも十分に効果があります。

OMユーザーB様:OMソーラーには、部屋の熱を外に逃がしてくれる機能が付いていて、それを使用するだけで、家の中が涼しく感じます。モワッとした熱気は感じたことがありません。

 

元木:「排出モード」ですね!通常の住宅だと1階よりも2階に熱がこもり暑くなりますよね!
OMソーラーには、家の中の空気を外に排出して、常に空気を流動させる機能があるので、家の中に熱気がこもることはありません。

 

元木:エアコンはあまり使いたくない?という考えは、以前からあったんですか?
OMユーザーB様:そうですね!職業柄、子どもたちと接する機会が多く、エアコンが効いた涼しい部屋で長時間過ごしている子どもたちは、暑さに弱く、すぐに熱中症になったり、体調を崩しやすいということを目の当たりにしてきました。

小学生の頃までに、体の体温調整機能ができあがるそうなんです。
幼少期の環境要因って大事だと思うんです。自然に体温調整ができるように、

エアコンに頼り過ぎないように生活したいと思っていました。

 

元木:お子さまの様子はどうですか?

OMユーザーB様:1日の中で一番暑い14時ごろが下校時間なんですが、体調を崩すこともなく夏バテになったこともありません。エアコンも29℃設定ですから…自然に温度調整できる体になってきているのかな‥・と思います。

 

元木:扇風機は使っていますか?

OMユーザーB様:あまり使わないです。
家中どの部屋も、風がしっかり通るように設計してくれているので、風が入ってくるんです。窓を開けて寝ていると風が通り抜けて、とても気持ちいいです。

 

元木:OMソーラーの冬の仕組みは、集熱パネルで集めたあたたかい空気を床下に送り、部屋全体をあたためる仕組みですが、冬場の住み心地はどうですか?

OMユーザーB様:実は…、冬はエアコンを使いません。夏場は29℃にして軽くかけて使いますが、冬場はほとんど使わないです。

晴れている日は、OMソーラーの太陽熱だけで家の中があたたかくなります。床に無垢材を使用しているんですが、裸足で歩いてもあたたかさを感じて気持ちがいいです。子どもたちも、私も、冬でも裸足です(笑)。アパートに住んでいた頃の、朝目覚めた時のブルブルする寒い!という感覚や、トイレや脱衣所が底冷えするという感覚は全くありません。

 

脱衣所にも、OMソーラーのあたたかい空気がでてくる箇所があって、リビングのあたたかさがそのまま続いている感じです。
この、あたたかさが当たり前のようになってきているので、年末年始に実家に帰省すると、お風呂場が寒い!床が冷たい!と寒さを感じて、OMソーラーのあたたかさを痛感します。実家の両親にもOMの良さを伝えているところです!

 

元木:太陽光発電について教えてください!電気代はどうですか?
OMユーザーB様:

さっき確認してきたんですが、
夏場は、買電5000円・売電9000円
冬場は、買電9000円・売電5000円
でした。オール電化なんですが年間を通してみると電気代はほぼゼロですね!

 

元木:とても家計に優しいですね。冬場は、曇りの日が多いと発電量が少なくなったり、お湯を沸かすのに夏場よりもエネルギーが必要になってきますから、どうしても電気消費が多くなってしまいます。年間電気代ほぼプラスマイナス0というのは、魅力的ですね。

 

元木:これから家を建てられる方へメッセージをお願いします!
OMユーザーB様:より長く、ずっと住める、いい家を建てて欲しいです。アフターフォローがしっかりしている!という点も大切だと思います。セイコーハウジングさんは、1年に1回アフターフォローにきてくれます。住み出してから気付く、ちょっとした疑問やココってどうなの?という点も、すぐに相談できるので、とても安心です。

 

参加者のみなさんからの質問タイム(Q=参加者のみなさんからの質問)

Q:アフターフォローってどのような感じですか?
元木:セイコーハウジングでは、お引き渡し後、1カ月、3ヶ月、6ヶ月、1年年後と年に4回の定期訪問を実施しています。1年以降は、5年・10年・15年と5年毎に定期的にお伺いして、住まいが長持ちできるようアフターケアにも力を入れています。

他には、1年に1回、職人さんとチームを組んでサービスメンテナンスにお伺いしています。事前に往復はがきでご要望をお聞きしておいて、その場で調整・修理できる物は無料で調整・修理させていただいています。
例えば、コーキングがとれた、窓の立て付けをスムーズにするなどは無料範囲です。

◆セイコーハウジングのアフターフォローについては、下記もご覧ください。

メンテナンス

 

Q:現在のモデルハウス見学したんですが、OMソーラーと同じ仕組みですか?
B様:私たちの住まいはOMソーラーで、今のモデルハウスにはOMXというさらに進化したものが入っているそうです!さらに快適だと思います!

 

Q:女性目線で、ここが良かった、これは取り入れた方がいいと思うことなどがあれば教えてください。
B様:お隣や近隣住居から目線が気にならない工夫、例えば窓の配置や洗濯物も気兼ねなく干せるスペースの確保でしょうか。
他には、今の住まいには、吹き抜けの階段があるんですが、家族の存在が感じられる間取りはいいと思います。子どもたちのプライバシーを守りつつも家族の絆が感じられて、親も安心して過ごせるというのがいいところです。

 

ご参加ありがとうございました!

住まい教室にご参加いただきました、みなさん、OMユーザーのB様、貴重な体験談をお話いただいてありがとうございます!
またこのようなセミナーも随時開催したいと思いますので、ぜひご参加ください。
セミナー当日には、この他、最新のOMXについてのご紹介や補助金についての話もありました。補助金についてはまたブログでご紹介したいと思います。

OMXについては下記をご覧ください。

これからは、全館空調がスタンダード!!

 

オンラインで家づくり ご相談・お問い合わせ受付中

セイコーハウジングでは、新しく「オンラインでお家づくり」のサービスを開始しています。
自宅にいながら、住まいについての個別相談や今回の様なセミナーへの参加などが可能ですので、
ぜひお気軽にご利用ください。

株式会社セイコーハウジング TEL088-631-8236

 

 

 

 

▼カテゴリーを選ぶ

▼月を選択