▼カテゴリーを選ぶ

▼月を選択

「温かい家を建てよう」 ①床暖房について

OMX OMソーラー パッシブデザイン ブログ 住まいのアイディア 住宅設備 冬の暮らし 社長 元木

足元からぽかぽかと、陽だまりのような温かさが魅力の「床暖房」。

これから家を建てる方へ、ご紹介したい設備の1つです。

「頭寒足熱(ずかんそくねつ)」は健康に良い!
と昔から言われていますが『温かい家に住むことで、健康寿命が延びる』というデータが出ているのも事実です。

温かさと寿命についての詳細は、

「健康に暮らせる家づくり<データから見る、家と健康>」をご覧ください。

健康に暮らせる家づくり<データから見る、家と健康>

 

床暖房とは? 

 

それでは「床暖房」とは、どんなものなのかをご紹介していきます。

床暖房はその名の通り、床を暖める暖房器具です。

熱源が床の下にあり、その熱が床に伝わり、その輻射熱が広がっていくことで、

部屋全体が温められるという仕組みです。

 

床暖房が心地よく感じるのは「輻射熱」のパワー

 

床暖房が、ぽかぽかと心地良い理由は輻射熱によるものです。

 

「輻射熱(ふくしゃねつ)」は、熱をもった物体から発生する赤外線が壁や天井に反射しながら広がっていくという特徴があります。そのため、じわじわと部屋全体をまんべんなく温めることができるのです。

 

熱の伝わり方には、伝導・対流・輻射の三種類がありますが、

わかりやすく説明すると…。

◇伝導…熱が温度の高いほうから低いほうへと移動する現象 (ゆたんぽ・カイロ)

◇対流…熱を持つ液体や気体が循環して熱が伝わる現象(エアコン・ファンヒータ)

◇輻射…高温の物体から出ている赤外線が放射されて熱が伝わる(太陽・ストーブ)

 

床暖房は、まさにこの「伝導・輻射熱」をうまく利用した暖房方法です。

床下から熱のあたたかさが足へと伝わり、また、輻射熱となって壁や天井・家具などに伝わっていきます。
そして輻射熱が伝わった部屋全体の壁や天井からも、さらに「輻射熱」が放出されるので、部屋全体がポカポカと温たまるわけです。

 

対流式の、エアコン、ファンヒーターなどの暖房器具は、熱風を放出することで対流を起こして部屋を温めています。

しかし、エアコンをつけていても、足元や床が冷たい…と感じることはないでしょうか? 
これは対流式暖房器具の特徴で、温まった空気は上昇し、冷たい空気は下に溜まる性質があるため、
床面に近い空間では寒さを感じてしまうのです。

 

また、人間の皮膚には、寒さや熱さを感じるコールドスポットとフォームスポットがあり、
特に足裏には、熱さや寒さに敏感に反応するスポットが多くあるそうです。
そんなセンサーの役割を果たす足裏が、あたたかな床面と接する床暖房は、このことからも“あたたかさ”を得るのに効果的と言えます。

 

床暖房の種類

床暖房には、大まかに分けて、電気式と温水循環式、そして空気式の3種類があります。

電気式と温水循環式それぞれの特徴を以下の様にまとめてみました。空気式については後程ご紹介します。

 

〇温水循環式 

熱源機でつくったお湯を床下に設置した配管に流し循環させて床を温める仕組み

熱源:ガス・電気・ガス+電気のハイブリッドタイプ・エコキュートなど

 

<特徴>

・初期費用が割高

・温まるまでに時間がかかる

・熱源機の修理や交換のコスト計算が必要(目安は10年毎)

 

〇電気式床暖房

床下に、電熱線ヒーター内蔵のパネルを敷き詰めて、熱することで床を温める仕組み

熱源:電気

<特徴>

・初期費用が割安

・構造が比較的単純なのでメンテナンスがしやすい

・月々の光熱費が割高

・床面が30度前後になるため低温やけどに注意が必要

 

床暖房のメリット・デメリット

床暖房のメリット・デメリットを簡単にまとめてみました。

<メリット>

 ・足元から暖まる

 ・対流型ではないので、ほこりが舞わない

 ・温風にあたらないので、乾燥しない

 ・火を使わないので水蒸気の発生がなく結露防止に効果的

 ・収納も掃除も不要

 ・使用時の騒音やにおいの発生も無し 

 

<デメリット>

 ・温まるまでに時間がかかる

 ・毎月のランニングコストがエアコン・ファンヒーターなどに比べると高め

 ・限られた部屋やスペースのみに設置する場合が多い=各部屋で温度差が出てしまう

 

これからは、太陽の熱で床暖房を!

 

それでは、次に空気式の「OMソーラー」システムについてご紹介します。

 

「OMソーラー」は太陽熱で外気を暖めて、

暖房しながら換気を行うシンプルで無駄のないシステムです。

 

簡単に説明すると、太陽熱で温められた空気を床下のコンクリートに蓄熱して床面全体を温めます。
そして温められた床面全体から発生する輻射熱によって、部屋全体を温めることができるシステムです。

 

電子式や温水循環式の床暖房では、床下に設置しているパネルや配管がある部分のみが温まるという部分的な床暖房ですが、OMソーラーの場合は家の床下全体に太陽の熱が蓄熱されるため、床全面が床暖房になっているイメージです。

 

ですので、より広い面積の床から輻射熱を得ることができます。

リビング、玄関、キッチン…とどこに行ってもあたたかい床が続き、

その床面の温度は25℃前後で、低温やけどの心配もないので、赤ちゃんや小さなお子様にも優しい、

より自然なあたたかさです。

何より、低コストというのも魅力の1つです!

電気式・温水式タイプで床全体を床暖房にしようとすると、
床面全てに配管やパネルを設置しなければならないので、設置費や光熱費に膨大な費用が必要になってしまいますが、
OMソーラーは太陽熱をうまく利用するため、光熱費も抑えることができるのです。

 

さらに、他にも優れた機能があり、
いつも新鮮な空気を取り込んで換気しくれるというのもポイントです。
その換気能力はというと、現在よく利用されている一般的な24時間換気システム能力の3倍です。

 

あたたかい床を体感!モデルハウス見学受付中

セイコーハウジングのモデルハウスでは、
OMソーラーがさらに進化した「OMX」システムを導入しています。

 

「OMX」とは?

誕生してから30年以上積み重ねてきたOMソーラーの太陽熱技術に、エアコン技術を融合させたもので、
1台で全館冷暖房、給湯、換気を行うことができます。まさしく1年365日、24時間ずっと、快適な空間で過ごすことができ
「省エネ」という面にも配慮されています。 

 

1月・2月の寒い冬の季節だからこそ“あたたかい床”の心地良さを体感してい頂きたいと思います。

モデルハウス見学希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

当社スタッフがご案内いたします。

 

株式会社セイコーハウジング TEL088-631-8236

モデルハウスについては下記をご覧ください。

モデルハウス~家族が育つ家~

▼カテゴリーを選ぶ

▼月を選択