「緑のじゅうたんに囲まれた家」

OMソーラー・太陽光発電・外張り断熱・パッシブデザインなど、高性能省エネ住宅の「ネット・ゼロエネルギー仕様」の夏と冬の快適性についてお話を伺いました。

「緑のじゅうたんに囲まれた家」

 

タイトル1

元木:今年の夏ってどうでしたか?お部屋で過ごしやすかったとか。エアコンは使われなかったですか?

奥さま:エアコンよりも窓全開にして過ごすというのが多いですね。  

元木:夜とか寝苦しかったのがあるじゃないですか。その時は2階の部屋でやすむのですか。

奥さま:2Fの寝室はエアコンはつかわないです。

元木:つかわないんですか!?

ご主人;夜寝る時にエアコンを使うという事はないです。
    窓を開けて寝室の横の南側から入ってくる風が結構あります。

元木:では、一階リビングはつけてた。

奥さま:そうですね。子どもたちが帰ってくる前の1時か2時前につけて、また、夕方切って。みたいな・・・

元木:窓は開けて陽が強い時はカーテン閉めて 日が沈んだら窓を開けて通風良くしてエアコンつけない。
   夏場の電気代は少なかったので普通の月より少ないのでエアコン付けてないのかなあと。
   OMソーラーの家の夏の快適さをPRしたいなと思っていたんですよ。

奥さま:(エアコンは)あまり使わずに過ごせます。 良いです。(快適さは)全然違うと思いますよ!!

 

PDE_6175-2

タイトル1

元木:じゃぁ冬の話なんですけども 冬の暖房器具を使う事はほとんどなかったんですね。

奥さま:そうですね。暖房のエアコンは 

ご主人:寒い時ぐらいで・・・

元木:寒いというのは、雨が降ったとか曇っているときとか? 
   ほとんど他の日は、OMがあればあたたかい?     

奥さま:そうですね~。昼間は特に過ごせます。

元木:子どもにとってはOMの環境はどんなふうでしたか。  

ご主人:自然な風で生活ができるというのは子どもの環境としても・・・。最近の子は、エアコンで生活している子が
    学校へ行ったときに熱中症になりやすかったり体が慣れてないから難しい。体温調整ができない。
    ちっちゃい時7歳8歳ぐらいの間にそういう環境になかったら、そのあとのすべての人生に体温調節ができなくなるらしくて・・・

    そんなこともあって、「できるだけ冷房とか暖房とかをしないようにしてね。」と話をしてたので、だから多分小学校へ行っても
    まあまあ過ごせると思うのでセイコーさんのOMが良かったです。

元木:なるほどね~。 それに、素足で過ごせるし。五感で感じるというのは、手触り足触りもものすごい重要だと思いますし。

 

元木:最後にOMで建てたいと思っている方に、何かメッセージはありませんか?

奥さま:見学会に来られて帰られてそこに住んでると知って「ホンマに(OMは)どうなん?」と聞かれることもあるんですが、
    OM=床暖房と思っているが、それが違うんよなーと。

元木:OMは床暖房だけじゃないということですね?

奥さま:違うと知った人も(他の方に)伝えてるのも見ますし・・・
    やっぱり、住んでみてわかる。

ご主人:友達が来た時言うもんな「あっ、ぬくい。あれ、暖房付けてない!?」みたいな(笑)

 

PDE_6127-2

 

それでは、どうもありがとうございました。

 

 

「緑のじゅうたんに囲まれた家」

OMドミノ太陽光無垢材長期優良住宅準耐火