カテゴリー一覧
施工状況 工法・技術 お知らせ

選ぶならどの窓? 当社で最近多く使用される『窓のカタチ』をご紹介

お知らせ ブログ 営業部 岡本 最新情報

こんにちは、岡本です。

当社で最近多く使用される『窓のカタチ』をご紹介

家に入ってくる光や風通し、外観のデザインまで左右する住宅の窓

みなさんは最近の窓事情をご存知ですか?

最近では高断熱、高気密が当たり前!と言われ特にそれらに関係があるのが、窓(サッシ)です。

 

家づくりの打ち合わせで、

「断熱気密はどのようにして確保していますか?」と営業スタッフの方に尋ねてみてください! 

まず真っ先に、『サッシ』が挙げられ、熱く語ってくれるはずです。

ここでも熱く語りたいのですが、その話は、私の営業トークとして㊙にしておきます。

今回は、そこまで踏み込んだ話ではなく、

当社でよく使用している窓のデザインについて、最近ではどのような窓があるのかをご紹介いたします。

引違い窓(ひきちがいまど)

まずは、私たちに一番馴染みのあるこちらが『引違い窓』です。

窓の中央にある鍵を上下にクルンと回して、片面を横に左右に引いて開口させる。

多分この字面で伝わると思います。そう!アレです、アレ!

基本的には2枚の引違い窓になりますが、

開口が大きくなりますと3枚や4枚といった大きな引違い窓にすることもあります。

 

窓が床下(付近)まで高さがある引違い窓は、

『掃出し窓(はきだしまど)』と呼ばれることもあります。

ウッドデッキやベランダに出るための大きな引違い窓がそうですね。

こちらの形状のメリットは、

〇「開けやすい」

「大きな開口に対応できる」

などが挙げられます。

ただ、大き過ぎる引違い窓を付けてしまうと、開閉時が重くなってしまうので注意が必要です。

また夏場の日射遮蔽も考えなければいけませんので、大きな窓を付けたい場合は担当の営業に相談しましょう。

あと、どんなに頑張っても(2枚引違いの場合は)窓の半分しか開きません…

 

縦すべり窓(たてすべりまど)

片開きドアと同じように開く窓とイメージしていただければ、理解しやすいと思います。

窓の左右どちらか吊元(軸)とし、反対側が外側へ開きます。

計画的に設置すると風を室内へ効果的に取り込めるウィンドキャッチ効果が期待できます。

開き具合が自由な位置で止められるので、通風量の調整が簡単にできます。

細長い形状を使用すれば、空き巣の侵入を防ぐことができ防犯性もUPします。

 

横すべり窓(よこすべりまど)

窓の上下どちらかを吊元とし、反対側が外部へ開きます。

縦すべり窓の横バージョンですね!こちらの特徴は、雨に強いことです。

急な雨でも開いた部分が屋根のように開口部を守ってくれるため、

室内に入り込む雨を軽減してくれます。もちろん風に吹かれると入り込んできますので、雨が降ったら閉めましょう。

こちらも細長い形状を使用すれば、空き巣の侵入を防ぐことができ防犯性がUPします

Fix窓(ふぃっくすまど)

開かずの窓…・。そうです、開きません。

どういう所に使うのかというと、

通風のことは考えず、採光(明かりとり)のことだけを考えた窓です。

天井に付ける窓、天窓をイメージしていただければわかりやすいのではないでしょうか。

(もちろん開く天窓もあります)

窓を構成する部分が「窓枠」「サッシ」「ガラス」のみなので、とてもスッキリしていて、カッコイイです。

金銭的なことになりますが、

ハンドル部分や鍵の部分、網戸の必要性もないので、他の形状の窓の価格よりお手頃価格です。

 

まとめ

窓について、少しは参考になりましたでしょうか。

窓にもたくさんの種類があります。

これ以外にも上下窓(あげさげまど)、応用として連窓(れんまど)などがあり、形状だけでも選ぶことができます。

もちろん断熱性気密性の確保が一番ですが、デザインやカタチにもこだわってみてはいかがでしょうか。

完成見学会や住宅見学をする時には、

ぜひとも、窓のカタチや窓の位置などにも注目してみてください。

採光方法や風通しなど、家づくりのヒントになると思います。

 

家づくりに関することは、いつでも気軽にご相談くださいね♪

お問い合わせ、お待ちしております!