▼カテゴリーを選ぶ

▼月を選択

<キッチン比較> 壁付けタイプと対面型タイプのメリットとデメリット

インテリア ブログ 住まいのアイディア 住宅設備 営業部 藤本 最新情報

こんにちは、藤本です。

今日は、キッチンについてお話したいと思います。

みなさんは、どのようなキッチンに憧れますか?

料理をする、配膳をする、水を飲む、手を洗う、食材やお菓子を収納する…。

キッチンは、家族全員がほぼ毎日使用するスペースではないでしょうか。

そんな毎日利用するキッチンだからこそ、自分に合った本当に良いものを選びたいものですよね。

今回は、壁付け型のキッチンと対面型キッチンについて比較してみたいと思います。

壁付け型(I型)のメリット&デメリット

壁付け型(I型)キッチンとは?

まず「I型キッチン」とはコンロからシンクまでが横一直線に並んでいるキッチンのことです。

一般的な住宅で一番よく使われているキッチンなので、見たことあるという方も多いのではないでしょうか

そのI型キッチンが壁に設置されているのが、壁付け型(I型)キッチンです。

壁付けキッチンならではのメリット

◎スタンダードなI型タイプはスペースを取らず部屋を広く、有効活用できる。

◎定番タイプで価格も安価な傾向

◎すぐ後ろにダイニングテーブルを配置すれば振り返るだけで配膳がスムーズ

◎壁向きのため調理に集中しやすい

 

壁付けキッチンのデメリット

△キッチン用具や食材など部屋から見えやすい

△食器棚や家電製品の置き場に悩みがち…

△家族との会話やTVを観ながらには向かない(壁に向かって料理をするため)

キッチンの後ろに棚を設け、あえて空間の区切ったり作業台やカウンター代わりとして活用すると、

収納力やキッチンが丸見えになる心配が軽減されます!

 

対面型キッチンのメリット&デメリット

対面型キッチンとは?

壁やカウンターなどの仕切りがなく、キッチンとリビングやダイニングの空間が繋がった形状で、とても開放的なキッチンです。

対面型キッチンのメリット

◎調理しながらでもリビングやダイニングが見渡せコミュニケーションがとれる

 (小さなお子様がいる家庭でも安心して調理できます。)

◎1人でいる場合でも、リビングにあるテレビを観ながら作業ができる

デメリット

△調理中の匂いが部屋全体に広がってしまう

△調理中の音、食器洗いや水の音が響く。

 

 

カウンターキッチン

カウンターキッチンとは?

キッチンとリビング・ダイニングとの間にカウンターがあるタイプです。リビング・ダイニングと壁などで仕切られていないオープンなものと、コンロの前の壁や吊り戸棚でリビング・ダイニングと一部仕切られているセミオープンタイプがあります。

〈カウンターキッチンのメリット〉

キッチンとリビングとの間にカウンターがあるので、手元が隠せる

調理中でも作業台の上を見られることがない

◎カウンターを有効に利用し配膳が楽にできる

 

<デメリット>

リビングが狭く感じる可能性あり

導線が長くなる

 

 

アイランドキッチン

アイランドキッチンとは?

アイランド(Island = 島)」という言葉通りシンクや調理スペースが、壁から離れた場所に「島」のように配置されているキッチンのことです。

 

〈アイランドキッチンのメリット〉

◎解放感がありオシャレ

◎サイドに壁がないため出入りしやすい

◎複数人での調理がしやすい

 

〈アイランドキッチンのデメリット〉

広いスペースが必要になるため、空間が圧迫されがち

一般的なキッチンが4.5畳あると理想的と言われていますが、アイランドキッチンを設置する場合は、
両サイドに通路を作らなければいけないので最低でも6畳前後のスペースが必要です。

△キッチンが丸見えになる

目隠し対策をしていない限り、掃除や日々のお手入れを怠ることはできません…。

△水や油のはねが気になる可能性

△費用が高め

△汚れ対策、収納対策をきっちり考えておく必要がある

 

まとめ

最近の主流はというと、リビングとつながりを持たせたオープンキッチンです。昔と違って、
今では共働き家庭も増えていますし、コミュニケーションをうまく取りながら夫婦で効率よく家事をこなしたい、
一緒にみんなで料理をしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

1日の生活の中でも、キッチンで過ごす時間は意外と長いので、
より快適で自分の生活スタイルにマッチする
キッチンを選んでいただきたいと思います!

 

家に関することは、何でもお気軽にご相談ください。

株式会社セイコーハウジング 
TEL 088-631-8236

 

▼カテゴリーを選ぶ

▼月を選択