▼カテゴリーを選ぶ

▼月を選択

新しい住宅に「自転車置き場」を!その①

ブログ 営業部 武田

3歳のこの子も小学生になれば自転車に乗り出すんだろうなあ

私の自転車、今は外に雨ざらしのまま

新しい家の計画は相談中だけど、私と息子の自転車置き場の話がなかなか出てこないし

この前見た自転車置き場、屋根が付いていて3台自転車が置かれていた。

サドルが濡れているのがいやだって娘が言っているのよとお隣の奥さんが話してた。

そう思うと、屋根付きのああいうタイプがいいなあ、お金は高いのかしら?

車を停める場所は決まったけど、普段の使っている自転車をどこへ置けばいいんだろうかな?

玄関に近い処に置きたいけど、主人がどうしてもウッドデッキを欲しいと言っているし

そんなこと思うと、自転車置き場なんて、どの場所に作れるのかなあ?

家を計画する時、敷地に対して、駐車場車3台分の確保と建物の配置を検討します。

道路に対して、車の出し入れがスムーズに出来るか?

敷地には限りがありますけど、車は最低でも3台分の駐車場を確保したいと考えます。

※すべてがこの限りではありません。

玄関までのアプローチで、車から降りて、お買いもの袋を持って家に入る。

雨の日、車から荷物を降ろして、少しでも楽に運び込めることを想定します。

家のプランニングと同時に駐車場、自転車を考慮した外構計画を進めるのが望ましいです。

今回ご紹介する自転車置き場は、重ねた打合せの中で、生まれたアイデアです。

そして、私が堤案したものではなく、住まい手の奥様の考えです。

「横なぐりのひどい雨の時は(自転車が)濡れますけど、それ以外は大丈夫なんです。」

住まわれてからの奥様のお話です。

記事作成:武田

  

 

 

 

▼カテゴリーを選ぶ

▼月を選択