カテゴリー一覧
施工状況 工法・技術 お知らせ

家事を楽に!オープンキッチンの汚れ対策

ブログ 営業部 武田 最新情報

家事を楽に!オープンキッチンの汚れ対策

武市様宅028

キッチンは毎日みんなが利用して、

家族が集まる、大切な場所の1つ。

最近人気のタイプといえば、

ダイニングやリビングにいる家族とコミュニケーションをとりながら、

食事の支度をしたり、食器洗いができる

アイランド型キッチンや対面式キッチン。

 

そんな、

とってもスタイリッシュで

開放的なキッチンに憧れている方も多いのではないでしょうか。

 

でも!

当然、キッチンもオープンになれば、

調理するときに出る“臭いや汚れ”も開放された空間にフワ~ッと

解き放たれていくわけです…。

唐揚げや天ぷらなどの、

揚げ物をすれば、油ハネや油汚れがどうしても出てしまいますよね。

 

「あの油の臭いや、キッチンの汚れがリビングにまでくるなんてイヤ!!」

と気になる方、しっかりと対策しておけば大丈夫です。

 

①家事が楽になるキッチンとは??

 やはり、何といっても効率的な作業同線がポイントです。

キッチン&ダイニングのレイアウトで 2つの参考パターンがコチラ。

グラフィックス1

最近はパターンBを希望される方が多いです。

その理由は、 

●効率的な動線=配膳がしやすい

●コミュニケーションがとりやすい

などです。

「こどもの宿題を横でみながらお料理ができるので、とってもスムーズ!」

というお客様の声が多く聞かれます。

 

②汚れを未然に防ぐには?

 コンロ前でしっかりガードすれば、大丈夫です。

キッチンでお料理を作る時には、

部屋中に匂いが充満しないように、

換気システムをきちんと完備することが大前提!

お料理中の湯気や油分などは上昇しますので、

どうしてもコンロ周りに付着してしまいます。

その対策として、

キッチンコンロ周りに、汚れがふき取り易いキッチンパネルを備えることで、

掃除がしやすくなります。

 

コンロ前の作り方

①壁を作る

②オープンにする

③ガラスパネルを設置する

 

①壁を作る

この場合、壁によって臭いや汚れの拡散をとどめることができます。

壁をキッチンパネルで作れば、お料理後の汚れの拭き取りもスムーズに行えます。

しかし、目の前が壁ですから、ダイニング、リビングとの繋がりは途絶えてしまいます

。特に、図Aの場合、顕著に現れます。

 

②オープンにする

コンロ前をオープンすると、

視界がぐっと開けて家族とのコミュニケーションはとりやすくなりますが、

どうしても、目に見えない、気付かない汚れが部屋の中に拡散され付着してしまいます‥。

 

③ガラスパネルを設置

①の様な壁ではなく、ガラスパネルを設置すると

開放的な雰囲気はそのままで、汚れの拡散を抑えることができます。

このガラスは車のフロントガラスと同じ「合わせガラス」が使われるので、

安全で、汚れもササッとふき取るだけでOKです。

武市様宅018

家族みんなとの会話が弾み、

ストレスフリーで家事ができる理想のキッチン!

色々なアイデアを取り入れて、理想のキッチンを作り上げましょう!

営業部 武田 でした。