カテゴリー一覧
施工状況 工法・技術 お知らせ

よく聞くけど詳しく知らない!『耐震等級』って?

ブログ 最新情報

どうも、工事部の川村です。

 DSCF2307

一昔前に比べると「耐震等級」という言葉をよく耳にするようになったと思います。
平姓7年の阪神淡路大震災、平姓23年の東日本大震災と、大きな地震が発生するたびに注目されるようになった「耐震等級」。でも、その中身まで分かるという人は案外少ないのではないでしょうか?

 

今日はその耐震等級についてお話します。

 

耐震等級は住宅の性能表示の基準として定義され、1~3の段階に分かれています。

【耐震等級1】は、阪神大震災レベルの数百年に一度発生する地震力に対して倒壊・崩壊等しない程度とされています。ここでミソなのが「倒壊しない」という表現。実はこれは、「(建物が)損傷しない」ということではなく、避難が出来て人命が守られるという意味なんです。「倒壊=損傷しない」と思っている方も多いかもしれませんね。

taishin03

また、耐震等級は耐力壁を増やし、ただ住宅そのものを強くするのではなく、耐力壁のバランスや建物の重量も考慮されています。

 

当社ではお施主様に安心な住まいをご提供できるように、耐震等級3の家作りを目指しています。この数年のうちに70%以上という高い確率で南海大地震が発生すると言われていますので、今から家を建てられる方にとっては一番気になるポイントだと思います。地震対策についての工法などは、家づくりのご相談の際にもっと詳しくご説明させていただきますね。

  

ちなみに、あまり耳馴染みはないかもしれませんが、その他に「耐風等級」や「耐積雪等級」などもあります。あまりコアな話になってもいけないので、今日はこの辺で…(笑)

 IMG_6860