▼カテゴリーを選ぶ

▼月を選択

連載<モデルハウス建築レポートVol.2>地盤調査

営業部 岡本 土地 施工状況 最新情報

こんにちは、岡本です。

今日は、昨年10月にスタートした『セイコーハウジング』の
新しいモデルハウス建築計画の第2弾をご紹介します。

 

モデルハウス建築場所は、徳島市内でも人気エリア、

西矢三の『エコタウン西矢三』分譲地です。

●Eco town西矢三

 

今回は、12月に実施した『地盤調査』の様子をレポートします。

その地盤が建物を安全に支えられるか?

支えられない場合は安全に持ちこたえるための改良が必要かどうかを調べます。それが、『地盤調査』です。

 

地盤調査とは?

その地盤の上に建物を建設できるかどうかを判断するために、地盤の強度を測定する調査です。調査の方法は、地面の一部にロッド(鉄の棒)を打ち込んだり、ドリルを掘り進めたりして、その時に必要とした力、ドリルの回転数や振動などから地下の様子を把握していきます。

 

地盤調査日 2018年12月10日(AM)

ジオラマⅢ にて調査を行いました。

この整地された土地の下は、どのような状態になっているのでしょうか?

パッと見た感じ問題なさそうな土地でも、地下の様子は調べてみないとわかりません。

 

セイコーハウジングでは、建設予定地の四方と真ん中の合計5カ所を調査しています。

 

垂直に鉄の棒を差し込んでいき、地盤の強度を測定していきます。

5カ所、全ての計測ポイントを回って調査を進めていきます。

 

堀進めた後の穴の様子です。

 

 

この調査結果によって、地盤改良が必要かどうかがわかります。

もしも、地盤に何らかの問題があるようなら、適切な補強を行なわないと、
時間の経過とともに家の重みに地盤が耐えられなくなり、家が傾いたり、沈下する恐れがあります。

また地震によって倒壊につながる可能性もあります。

 

地盤調査は「将来の安心」を守るためにも、とても重要な調査です。

問題がなければ良しとして、何かあれば適切に対応していけば安心です。

 

今回実施した地盤調査の結果は、長期許容支持力 30KN/㎡以上が出ました。

これでこの地盤が安全であると証明されました!

 

地盤調査や地盤改良など、家づくりの疑問は、何でもお気軽にご相談ください。

株式会社セイコーハウジング 

TEL088-631-8236

 

▼カテゴリーを選ぶ

▼月を選択