建築家・伊礼智さんと考える、
誰もが心地よいと思える家を、手が届く価格で。

「i-works 徳島の家」は、建築家・伊礼智さんの家づくりをプランに集約したものです。
特定の誰かのための「特殊解」でなく、「一般解」として、心地よく住まうことのできる家を少しがんばれば手に入れることのできる価格で提供する。
そのために、これまで伊礼智が手がけてきた住宅をブラッシュアップしながら各部位を「標準化」し、面積の異なるプランに展開する計画となっています。
生活スタイルや家族構成により、選ばれるプランは異なるはずですが、どれを選んでも氏の考える心地よい居場所のある住まいとなっています。

伊礼智

1982年、琉球大学理工学部建設工学科卒業後、東京芸術大学美術研究科大学院修了(奥村昭雄研究室)。丸谷博男+エーアンドエーを経て、1996年伊礼智設計室開設。2005年から日本大学生産工学部建築工学科居住空間デザインコース非常勤講師。2006年「東京町家・9坪の家」、2007年「東京町家・町角の家」でエコビルド賞受賞。2013年「i-works project」でグッドデザイン賞を受賞。主な著作:『伊礼智の住宅設計作法』(2009年 編集/新建新聞社・発行/アース工房)/『伊礼智の住宅設計』(2012年 発行/エクスナレッジ)

お客様の声

「i-works 徳島の家」として
セイコーハウジングでお家を建てられた
お客様の声をご紹介します。

● 徳島市/N様
これまで、県外に住んでいましたが、長男の高校入試に併せて、故郷の徳島に帰ることとし、新築を決意しました。
では、なぜ、i-worksの家を選んだのでしょうか?
まず、i-wroksを知ったのは、妻が書店で購入した伊礼智氏著の「小さな家70のレシピ」を読んだのがきっかけです。他のハウスメーカーや工務店での建築候補があったのですが、あまりに妻が、熱心に伊礼氏のi-worksを建てたいと語ることから、実物を見て判断することにしました。   
そこで、西日本で唯一のi-worksモデルハウスを所有している山口県のヨハネハウスさんにお邪魔して、見学させて頂きました。(その後、茨城、東京、京都、大阪、兵庫など延べ10ケ所以上モデルハウスを見学)
I-worksの印象的な大きな庇は、夏の日射による侵入熱を防ぎ、天然木のウッドデッキは、床との繋がりを持たせて、屋外との境目を無くすことで、部屋を広く見せています。
伊礼氏は、インタビューで「故郷沖縄の建物には、どこからが外で内かはっきりしない曖昧な建物がある」と言っています。まさに、沖縄のようなゆったりとした時間を過ごせるのかもしれません。他にも、無駄のない動線、家具による目隠し、天井の低さ、照明の位置、開口部など計算された作りからは、大きな家を建てなくても、十分に快適な暮らしができると思いました。
以上のことから、設計はi-worksに決め、実際に建てるビルダーは、45年間も木造建築一筋、OMソーラー加盟店のセイコーハウジングさんに決めました。
理由としてi-worksは、内外壁、断熱材に多くの自然素材を使用しているため、熟練者による施工が欠かせません。家具や建具も全て手作りで、ディテールに関する経験も重要です。また、大きな吹抜けに対しては、空調時における上下空間の温度差が生じないように、温熱環境に対しての豊富な経験が必要です。
他にも、住宅建築向け補助金の獲得、携帯アプリラインを使った工事打合せ・報告、人情味あふれる社員の方々等のおかげで本当に満足のいく仕上がりとなりました。
また、施工現場を訪れる度に、大工さんの匠の技を見て感動し、ちょっとした質問にも、丁寧に答えて頂いたことや、伊礼智氏の目線での提案など、あらゆることにとことん付き合ってもらいました。まさに、顧客思考型のビルダーだと思います。
これから、この家に住めると思うと本当に幸せです。i-worksを建てたい方、性能の良い木造建築を建てたい方、我が家をぜひ参考にしてください。もう、私たちみたいに全国行脚しなくても、「i-works徳島の家」が誕生したのですから。