コロナで生活が変わる?土地や家が変わる?

皆さん、久しぶりです。元気で暮らしていらっしゃるでしょうか?コロナで大変ですね。

第2波が来るための備えはしておかねばならないものの、第1波は何とか終息する気配が出てきたようです。そのせいか、急に、土地や住宅に関する問い合わせが増えてきました。

 

当社のお客様は、割と官公庁とかの職員さんや教員の方など公務員職関係が多いせいか、このコロナの影響が報道にあるような深刻な被害を受けた人というのは少ないです。しかし私の前職は外食産業なので、私の個人的な知り合いに多い飲食に携わる人達はかなり大きなダメージを受けています。古い友人の高松の喫茶店主などは1か月店を閉めて、家業の農業を手伝っていたという話でした。これから完全な終息に向けて、何年かかるか分かりませんが、経済の立て直しが国を挙げて行われていくわけで、私達も仕事を今まで以上に頑張っていかねばなりません。

 

しかし、巷間言われているように、コロナ以前以後で経済的環境が仮に戻ったとしても、社会のありようが以前とは違ってくるだろうと思えます。「Goodbye Office ,さよならオフィス」なんて題詞が日経新聞に良く載ってますが、必要に迫られてテレワークをやってみたら、実際オフィスにいなくても仕事ができるじゃないかと気づいた会社が、街中の中心部に構えていたオフィスを出て、郊外の経費の掛からない狭いオフィスに移転したとか、そもそもオフィスの必要性がなくなって、オフィスそのものをなくしてしまったとかの記事が載っています。また、店舗での販売をしていた会社が、コロナが終息しても以前のような客足を望めないから、ネット販売に切り替えて、実店舗は縮小してやっていくとかいう記事も相当数掲載されています。

 

徳島ではオフィスやテナントだけの斡旋仲介を専門でやっている不動産会社はないと思うので、この変化の影響は少ないとは思いますが、大都会の中心部では、不動産業界も激震が走るのではないかと考えています。

 

必要に迫られ、或いは会社の指示に従って、テレワークを始めた人が、東京の都心の真ん中へ、毎日ぎゅうぎゅう詰めの電車に乗って出勤し、夜またラッシュの電車に乗ってくたくたになって帰宅し寝るだけ、そしてまた翌朝早く起床し・・・・なんて生活には戻りたくないという気持ちは誰でも共感しますよね。また、ラッシュ通勤を避けるために、都心の中で、非常に狭い部屋を非常に高い家賃で借りて会社生活をしていた人が、テレワークで働けるのなら、郊外に或いは田舎に、念願の庭付き一戸建てを建てて、家で仕事をする事が出来たら、自分にとっても家族にとってもどんなにいい事か!

 

こんな生活が、都会で仕事をしている人達に、現実的になって来るという事実は、社会の大きな変革につながっていくのではないでしょうか?ひょっとしたら人口の東京一極集中もコロナが完全に収まって昔話になったころには、解消しているかもしれない…などとも思えるのです。

 

さて、身近なところに話を移しましょう。

このコロナの騒動が始まって既に数か月が経過しました。この間、かなり減少したとはいえ、何人かの土地探し、家探しをしている人たちとお話をしてきましたが、少ない人数ながらも、以前は聞かなかったことを聞くようになりました。ここ数年、土地探し、家探しをする20代後半から~30代前半の人たちは、「無駄な土地は要らない、広い家は要らない」と言って、土地も家もより広くという傾向は消えてきていました。それが、コロナの影響なのでしょうね、

「書斎と言えるほど立派な部屋は要らないけど、家でゆっくり本読んだり、子供を気にせず仕事ができるスペースがあれば良いですね」というような言葉を聞くようになりました。

 

また、これは何故だかはっきりしませんが、今までは「車は2台、できれば3台停められるようにしたい」という言葉から、「いや車は3台は少なくとも停められるようにしたいので、50坪より少し広い60坪位の土地が良いんです」というようなご希望を聞くことが増えました。

 

私が個人的に思っているその理由は、私たち50代・60代の世代の人達と違って、若い人の感覚には少しずつ、家は何十年も(50年とか60年とか割と長いスパン)住めるものだという意識が出てきたのではないか?そう感じると、子供が大きくなったらもう1台分停めるスペースが必要と考えるから、今まで多かった45~50坪位という希望が、50坪よりやや広い土地が欲しいなと思うようになったのではないか?と勝手に考えています。

 

こういう希望が出てきているとしても、現実に存在する、或いは新しく出てくる土地は50坪より大きな土地というのはそれほど多くありません。というのも、この加茂地区で考えるならば、矢三周辺で27~28万円/坪、田宮周辺であれば28~30万位が平均的な坪単価で、28万で考えると50坪で1400万、60坪となると1600万以上の土地価格になるわけです。

 

一方の建物の方を考えると、今当たり前になってきている断熱性の高い家、ゼロエネルギー住宅や耐震性も併せ持つ長期優良住宅を建てるとなるとやや住宅の価格が上がってくるので、土地と併せると4000万円を超える資金が必要になってくる。

これでは、今主流の購買層の若い方が買えるものではなくなってしまうので、どうしても価格を抑えた土地を販売しなければ売れない…となると、販売する側としては、50坪を超えるような土地を造成販売すると、売れないリスクが高くなってしまうという訳です。だから60坪あるような土地は今、造成分譲されている土地の中では少なくなってしまいます。

 

最後は自社の宣伝になって申し訳ございませんが、今当社では3つの開発許可を受けた分譲地を販売しています。今残っている区画の広さと価格を一覧にして載せておきますので、土地探しをしていらっしゃる方は是非、一度ご検討ください。上記した条件に該当する物件がほとんどです。

尚、土地の概要を載せているHPもリンクを下に掲げますので、WEB上でご確認可能です。

よろしくご検討ください。

エコタウン西矢三・スマイルエコタウン  http://www.seikohousing.co.jp/ecotown/

 コートタウン田宮            http://seikohousing.jp/courttown/