気になるキーワードで検索してください。

「失敗しない土地探しの秘訣」第17回 買いたい土地をだれと一緒に見に行くか

ブログ 仕事上で思うこと 個人的意見 最新情報 知っ得情報 知識・教養

こんにちは。(株)セイコーハウジング 不動産部の平です。

前回は、土地を安く買えるかも知れない?方法をお話ししました。

今回は、自分にとっての良い土地を見つける秘訣をお話ししましょう。

 

「あなたは何故土地を探しているんですか?」

「今更、馬鹿な事を聞くんじゃない、家を建てるために決ってるじゃないか」

 

と、お叱りを受けそうですが、土地探しに夢中になっていると案外この一番の大前提を忘れている人がいるのも事実なんです。

 

自分で或いは、業者に頼んで、幾つかの物件がピックアップされたとしたら、当然物件の見学に行きますよね。でも、たいていの人は、資料を渡されて、自分で見に行くか、不動産業者と一緒に見に行くかのどちらかでしょう。

 

でも、土地探しの大前提は何ですか?家を建てるためですよね。その土地を見た時にどんな家が建つか、あなたは想像できますか?もし、家のプランをある程度描いているとしたら、その家がその土地にどういう風に納まるのか、思い描く事はできますか?

あなたがかなりマニアックな方だとして、市販の建築プランニングソフトで家の平面図や立面図を描ける位の人だとしても、その土地を見て、そのプランニングした家が実際にその土地にうまく建てられるかどうかは、なかなか判断できないのではないでしょうか?たとえ、一緒に行った不動産業者の営業マンにそれを聞いても、曖昧な返事しか返ってこないはずです。彼らは土地のプロでは有っても、建築のプロではないからです。

 

では、どうするか。そうです。建築屋さんと一緒に行くのです。あなたが既に家を建ててもらう工務店やハウスメーカーを決めていらっしゃるのなら、その会社の営業マンか設計担当の人と一緒に土地を見に行くのです。そうすれば、この土地を買って良いのかどうか、この土地に自分の思う家が建つのかどうかの、プロとしての判断をしてくれるでしょう。

 

土地探しの段階で、未だ建ててもらう業者までは決めてないよと言うのなら、土地探しと平行して家のプランニングも始めるべきです。

住宅ローンを組んで、土地を購入するのなら、基本的に、ローン契約する時に、家のプランも簡単なものにせよ、出さざるを得ないのですよ。住宅ローンで土地だけの融資というのは、原則、金融機関はしてくれません。ある程度、建物はいつまでにどれ位のものをというのは、金融機関に伝えねばなりません。融資決定し、ローンが下りたら、家が出来上がった時に、土地だけでなくその住居にも金融機関の抵当権を、借りるあなたが登記することになります。

 

 因みに、当セイコーハウジングでは、土地がある程度絞り込めたら、建築部の営業マンにその土地に合う大まかなプランを出してもらって、土地購入の最終判断に役立ててもらっています。

 

 では、次回は、最終的に土地を購入する事が決まって、契約する段階で、後に問題を残さないためには何に注意すべきかのお話をする事とします。では、また。

 

株式会社 セイコーハウジング 不動産部 平忠彰

 徳島市北矢三町三丁目1-79

 TEL 088-631-8082 FAX 088-631-8295

【WEB】  <http://fudousan.seikohousing.co.jp/>

【MAIL】 <taira@seikohousing.co.jp>